2013年07月18日

人類って捨てたもの?

ヒカリタマ・カイがザイクスにいたころは「人間なんて大した役割もせずに大手を振って歩いているから滅ぼしても良い」的なところがあったと思います。
要は選民思想ばりばりな精神的お子様だったんだろうなぁと思うとすごく恥ずかしい・・・。

ザイクスを抜けてからもスピリチュアル的なことには関心があって、色々調べていたんですが、その中で「2012年の未来を見るワーク」というのがあって、2010年ごろだったと思うんですが、ワタシも参加しました。

その時に見た2012年は・・・結構終わってる未来でした。
東京は白い防護服を来た人しか歩いてなくて、皇居のお堀の鯉が腹を上にして浮かんでいて。
大阪は人が住めるところじゃなくなっていて、みんな山陰の方に避難していた光景を目にしました。

大阪の中心部にいた人は「そっちは危ない」という声を無視して「自分は大丈夫だから」とあえて危険な場所に足を運んで死んでいった人たちだった記憶があります。
でもそこから日本人はちゃんと再生していくんですけどねww

それでも、そのワークを終えた後は暗澹たる気持ちになりました。

そして、2011年の終わりだったか、その時のワークに参加していた人達何人かが集まって、話は自然とこの時のワークの話になりましたが・・・参加者のひとりが言いました。

「あの時に比べて、みんなが未来を変えていってるような気がする。
人類の多くは、希望とか生きることを選択したんだよ。
2012年に人類は滅亡しないと思う」と。


確かにそうだよなと思いました。
中東でジャスミン革命が起きて、独裁者と言われる人達が次々と(行き先冥府だった人もいましたが)退陣に追い込まれ、よりよい世の中にしていこうとがんばってます。
日本でも東日本大震災はありましたが、逆に日本人の底力を見せつけることになり、海外からも多数の支援が寄せられました。
中にはアフガニスタンのような「財源他に回せよ!!」と思う国からも「日本からしたら微々たる額かもしれないが、自分達が困っていた時に手を差し伸べた日本のために」と支援が送られましたものね。

人類はまだまだ捨てたものではないと思います。

人間はザイクスがいう通りのエゴで動くもの、神とか宇宙とか運命のロボットではなくて、自分の意志である程度未来を変えていくことはできる存在であり、主体的に人生を動かしていけるものなんだと思います。
posted by ヒカリタマ・カイ at 15:35| オカルト

2013年07月10日

呪いとはどういうものか?

シリウス関連のブログで、(株)Dzynの紹介していましたね。
あの上杉さんの写真、サンダーボルトのやくざ役でサングラスかけていたの・・・あれ、こっそり(株)Dzynへの嫌がらせとか営業妨害じゃないの?と思ったヒカリタマ・カイですw
上杉さんの画像データがないならないで「データがないので、新しく撮らせてください」と言えば良いだけなのに。

・・・ま、(株)Dzynの仕掛ける呪いなんて、2chのザイクススレが活発であること、Riotさんとか京忍さんとかメルカッツさんとかアリスさんとかKANBANWAさんがぴんぴんしている時点効果のほどがわかってしまうようなものですが。
ヒカリタマ・カイも元気で、今日はこれから温泉に行こうと目論んでますw

シリウスやDzynでは「個人の呪いは効かないし危険」と主張しておりますが・・・危険は正解ですが、「個人の呪いは効かない」わけでもありません。
サイキック・バンパイア(エナジーバンパイア)と似たようなもので「サイキック・アタック」というものがあります。

サイキック・アタックとは、簡単に言うと「自分が嫌っている相手に精神的なエネルギーで攻撃を与える」という感じになりますが、これがいわゆる「呪い」です。
相手のエネルギーを吸い取っちゃうのがサイキック・バンパイア。
自分のエネルギーを相手に飛ばして攻撃に回しているので、そこで膨大なエネルギーを費やすことを考えたら・・・危険であることは想像がつくと思います。
自分が使えるエネルギーが希薄になるわけですから。

・・・で、このサイキック・アタックが起きやすいケース、起こりやすい人はどういう人かを考えたら、あからさまな呪いが効かない理由がわかるかと思います。

サイキック・アタックはあからさまに相手を呪って発生することは稀ではないかと思うんですよ。
むしろ表面上とか顕在意識で「相手が悪いんじゃない、自分が悪いんだ」と思っていても潜在意識・無意識レベルで「あいつが悪い、あいつが憎い」と思っている人が起こすケースが多いんです。
サイキック・アタックしている本人が「自分はやってない」と断言できる状態なんですよ。
そこまで顕在意識と無意識が乖離(別レベルで動く)してないと、呪いとかサイキック・アタックなんてできません。
源氏物語の六条を考えたらわかりやすいかな?

なので、そもそもが「極悪」なんて言ってる人に呪いを使いこなせるか?というのはかなり疑問符があります。
そんな人は、自分の悪をそもそも表現しているからあえて呪わなくても暴力等の意識的な手段で相手への憎しみをそのまま返せるわけです。呪いとは、どうしようもなくなった精神が、安息を求めるかなりぎりぎりの手段ですから・・・。
やられる方は苦しいでしょうけど、やる方もそれで救われるということもありません。
サイキック・アタックをやるまでに追い込まれる人は、基本的に「良い人・相手の幸せも考えられる人」なんですよね・・・。

鉄輪といい六条といい道成寺といい、呪いを扱う話に救いはほとんどありません。
人を軽々しく呪う先に、幸せな未来がやってくる・・・なんてことは多分ないと思います。

そして、軽々しく呪いを望む・・・という人は、大抵自分の努力を棚に上げているケースが多いです・・・ザイクスの最高責任者を見ていたらわかると思うけど。
誰かを不幸にする前に、自分の努力をしっかりやりましょう。
posted by ヒカリタマ・カイ at 10:24| オカルト

2013年06月28日

ただでお願いを叶える方法

「パワースートンを持って願いを叶える!」というのはザイクスなんですが・・・実は石がなくても、それどころか一銭のお金をかけずにお願いごとを叶える方法だってあります。
専門用語で「アファーメーション」という、肯定的な言葉を繰り返して発することでお願いごとを叶えてしまうと言う、ウソのような本当の話がありますw

ヒカリタマ・カイの友達(ザイクスに全く関係ない人)は、「宇宙に宣言します。わたしは空気清浄機を格安で手に入れます。ありがとうございます!」と言って懸賞で空気清浄機をゲットしたとか、欲しがっていたものを格安とかありえない方法で受け取った人が多数いて、ヒカリタマ・カイも「ワタシはみんなと一緒に豊かさを受け取ります」的なアファーメーション(結構長いので、全文紹介は面倒くさい)を朝と寝る前に唱えるようになったら収入が増えたり、仕事が忙しくなったりしたんですよ(・・;

・・・「ウソくせ〜」と自分でも思っていたんですけどね。

アファーメーションについては、この本がお勧めです。
「願いを邪魔するシステム」については前作で詳しく紹介しているので、シリウスの核石に興味のある方にはぜひ読んでほしいです。



宇宙は人間と仲良しだし、神様はザインだけではないですから。
posted by ヒカリタマ・カイ at 10:59| オカルト

2013年06月26日

パワーストーンの力はどこまで?

いつもとちょっと話題を変えまして。
みなさんは、パワーストーンの効果ってどういうのを思い浮かべるでしょうか?
宝くじが当たるとか、異性にもてもてになるとか・・・。

例えば、ヒカリタマ・カイが有名な歌手になる(あくまで例としてw)としてパワーストーンを持った場合を考えてみましょう。
女優になるとしたら、いくつか方法はありますがとりあえずオーソドックスにこんな段階があると思います。

A:そもそも歌がうまい+練習している

B:スカウトされる

C:ヒカリタマ・カイが芸能界入りをOKする

D:デビューする

そしてこの後に

E:歌が売れて

F:知名度がアップする・・・

となっていくと思うんですが、パワーストーンが作ってくれるチャンスはどこかというと・・・

普通だったら「B」と思うんじゃないかと思いますが・・・実は「C」のヒカリタマ・カイが芸能界入りをOKする、の部分なんです。
あるとしたら「A」の「歌の練習をさせる」という部分でしょうか。

この場合だと「芸能界入りを自分に許可する」までには「自分の魅力を自分で認める」とか「自分の成功を自分で信じられる」というプロセスがあるんですよ。見ていたら、その「自分はどうせできない」という部分を「自分を肯定する」という気持ちに変えていく過程でパワーストーンが働きかけるみたいですね。

・・・では、「Bの部分はどうなるんだ?」と思う方は多分相当いると思います。
実は「B」、つまり「チャンスを誰が持ってくるのか?」ということなんですが・・・実はこれ、自分自身の力ですww
自分の魅力を潜在意識あたりでも理解できないと、自分のことが信じられないから、今回だとスカウトのチャンスがあっても自分で潰すとか、あるいは声をかけられない状態に「自分で持っていく」んです。
それがなくなれば、その人の本来の魅力がそのまま出てくるからスカウトだって目をかけるだろうし。

パワーストーンが引き出すのはあくまで「持ち主の力」であって、パワーストーンそのものが幸運を授けてくれるわけではないんですよ・・・ぱっと見はそう見えるんだけど。

核石も最初は効くって声を聞くけど、そのうち効かなくなってくるのは、自分の力をザイクスに明け渡してしまうからじゃないのかな?と思ったりします。
パワーストーンの力を借りるのは良いのですが、最後は自分の力が運命を決めていくみたいですよ・・・。



ラブラドライトは個人的には最強と思っている、自分に対するネガティブな感情を癒して、宇宙のエネルギーにつながる石と言われています。
自分に対するネガティブな感情を癒すことで、世の中がびっくりするほどうまく回ることはヒカリタマ・カイも実証済みw
posted by ヒカリタマ・カイ at 14:53| オカルト

2013年06月12日

願いを叶える最新事情

ザイクス(シリウス・大汗帝國)では「核石を買ったら願いが叶う」なんて言ってますが・・・実は時代遅れの方法でしてw
最近の願いを叶える法則は「引き寄せの法則」になってきています。
これは「願いを叶った時の自分の感情をイメージすることで、願いを引き寄せる」方法なんですが、実はこのからくりには裏がありまして。

ただ単に願いをイメージして、良い気分になるだけではなくて「願いを叶えたい、その本当の願望は何か?」というところに焦点を当てていくと良いみたいなんです。
やり方がわからないあなたにお勧めなのがこの本だったりします。




ザイクスでは「願いを叶えるには、ロカン皇帝に絶対の信を置く」ということですが、全然違いますw
「恋人がほしい」の裏にあるのが「自分の価値を見つけてくれる人がほしい」という気持ちの表れだったら、まずは自分の価値をきちんと理解してあげることが大切だし、「お金がほしい」という気持ちの裏にあるものが「好きなことをしたい」だったら、まずその「好きなこと」をできる範囲でやってみたら良いのです。
・・・既にこの段階で自分の心にやらない言い訳している人も多いと思うんですが、「好きなこと」をやらない理由は・・・お金だけじゃないはずなんですよ。
むしろ、そっちの方が問題であることは多いです。
好きなことをやらない理由は何でしょうか?

逆に、ザイクスで「絶対者に信を置くように求められる願望の向こう」は・・・ザイクスの人間が、自分を認めてほしいという気持ちだったり、すごいと言われたいためにやっていたり・・・。
もしかしたら「先へ進むのが怖いから、ザイクスに留まっている」という人もいるかもしれません。

ザイクスを辞めて、急に運が良くなった人がたくさんいますが、無意識にその部分に気づいているからかもしれませんね・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 19:54| オカルト