2013年04月25日

占星術と暴力と軍事と

ザイクス(大汗帝國)は武人による革命とか武力による政権奪取なんて言ってたわけですが・・・まずというか絶対無理というのが大多数の共通見解だと思いますw
どうしても双眼鏡を逆さに見る金正恩第一書記と現社長がだぶって見えて仕方がないのは自分だけでしょうか?

最近の国際情勢を見ても「暴力で相手を支配する」という図式が20世紀より少なくなっているように思います。
どちらかといえば経済力を担保に、利益をもって相手を誘導する感じですね。
オバマさんは自ら核軍縮を提唱して、世界を驚愕させましたしね。
中国だって、あれだけ日本にやいのやいの言っても行動に移さないのは、日本の経済力が下がれば中国の経済も混乱するのが見えてるからだろうし。
これも占星術的に言うと、太陽の大周期が魚座から水瓶座に入った変化・・・ということなのかもしれません。

元会員の方と話をして気づいたのですが、力で相手に言うことを聞かす・・・というのは、ある意味幼稚さを伴っているんじゃないかと思うんです。
自分の願望を相手にわかるように説明できない時に力に走ることが多いんじゃないでしょうか。
だとしたら・・・ザイクスのみなさんの中にあるものは「理をもって相手に理解してもらえない、あるいは理解してもらおうと思っていないから力に走る」ってことではないかと思います。
でも、その姿は水瓶座が象徴する時代精神とは相容れないもの、魚座どころか牡羊座時代(今から2000〜4000年前)の時代精神の象徴なんですよね・・・。
そういう意味から、ザイクスは時代を象徴するものにはなり得ないんじゃないかと思います。

スピリチュアルの世界では、今アセンション(次元上昇)について語られているわけですが、ザイクスの話を聞いている限りではアセンションどころかディセンション(次元下降)のスパイラルに巻き込まれそうな気がします。
アセンションしたら、自分の中のものが全て見えるので・・・「今のまま」を選択する人もいるらしいですからね。
それも喜んで。

ザイクスのみなさんがアセンションした時に見る「自分の中にあるもの」って何なんだろうなぁ・・・。



この本はとっても難しいですが、読むだけの価値はあると思います。
これ読んだら、小島の理論の薄っぺらさにびっくりするかもw
【ザイクス・シリウスについての最新記事】
posted by ヒカリタマ・カイ at 17:53| ザイクス・シリウスについて