2014年02月04日

オカルト・プロモーターは誰だ?

これはあくまでヒカリタマ・カイの私見なんですが、宗教団体やザイクスのようなカルト(であってもなくてもオカルトチックな)団体に、必ずといって良いほど「オカルト・プロモーター」みたいな人がいるような気がします。
教祖的な人は別にいるけど、オカルト・プロモーターがいることで教祖の求心力が増して、(便宜上このように表記します)教団が大きくなるし、そのオカルト・プロモーターがいなくなったら教団が徐々に崩壊していく・・・と。

オウムのオカルト・プロモーターは村井だったと思います。
ではザイクスは誰かというと・・・saiさんのブログにあった、役職名蔵人(クランド)かもしれませんが、ワタシは勝 壮剣氏(もちろん偽名)ではないかと思います。
事実、勝氏は一度放逐されましたが、そのあたりから徐々にザインは今までよりもおかしな方向に走っていますし、放逐前の勝氏の役職名は「長官」でした。
勝氏放逐後長官になったのはsaiさんのブログにもあるK松こと唐松さん(これも偽名なので遠慮なく)ですが、saiさんはこの方がザイン凋落の原因を作った方と仰ってますね。
ちょっと前までは勝氏、唐松女史のような権力を持っていたと考えられるのは上杉魁(これまた偽名)ですが、その上杉氏がザイン没落を決定づけたというのは誰も否定はしないでしょう。

え?勝氏をもう一度トップにしたらザインは復活するかって?

いえ、それはもう無理だと思います。
核石を強制的に買わせて信者を借金だらけにして、お金がなくなったらマインドコントロールを利用して風俗で働かせるような団体は、さすがに天も見放すでしょう。
それに、小島露観の願いは「政権奪取」でも「軍事革命」でもなく、自分の蓄財と保身ということがもう明らかになってますからね・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 10:47| オカルト