2014年01月30日

宗教の狂気

たまに古今東西の猟奇殺人とか凶悪犯罪を紹介して、考察しているこんなサイトを見たくなるときがあります。
なぜここでこのサイトをとりあげるかというと、このサイトの中で「宗教の狂気」というカテゴリーがあって、そこにザイクス・シリウス・天業古代王朝とよく似た事例が出てくるから。
オウム真理教は当然のこと、人民寺院も共通点を感じさせるのですが、ワタシが似ていると思ったのはこの内容。
以下は「Monster」からの飲用です。

=====================================
† ジェフリー・ラングレン

 1989年、アメリカ。

 ジェフリー・ラングレンは1950年、ミズーリ州インディペンデンスに生まれた。家は裕福で、両親ともにモルモン教の一派である「復元末日聖徒イエス・キリスト教会(以下略してRLDS)」の敬虔なる信者であったという。
 その妻アリスも同じくRLDS信者として生まれ育ち、夫に負けず劣らず信仰心が強く、そしてコリン・ウィルソン言うところの「支配力高位の人間」であったようだ。彼女がジェフに惹かれた何よりの理由は、彼のその押しの強さと強引な態度、自信過剰ともいえる物言いであった。支配力高位の女は、中位以下の男には見向きもしない、というのが定説のようである。

 モルモン教はアメリカで栄えただけあって、「現世利益」を追求する、ある意味合理的で楽観的な宗教である。
 死後の救済ではなく、あくまでも現世での幸福追求。
 モルモン教の教理が謳うのは、「経済的繁栄」、「男性優位」、「白人主義」、「禁酒禁煙」、「偶像崇拝」等々であった。
 開祖であるジョゼフ・スミスは債権者に追われた末、1844年に暴徒の手にかかって殺されたが、教団は残った。一派はユタ州ソルトレイクシティに移動し、もう一派はスミスの息子をいただいてオハイオ州カートランドでそのまま存続した。
 ユタ州へ渡った一派は信徒500万人を抱えるほどに成長しふくれあがったが、オハイオ州に残った一派は対照的に、信徒20万人足らずで細々とその活動を続けていかなくてはならなかった。
 彼らは、カートランドの田舎町で、救世主がふたたび現れるのをただじっと待っていたとも言える。

 1984年、ジェフリー・ラングレンは庭の芝刈りをしている最中、突然に「神の啓示」にうたれた。
 彼は当時34歳。退役軍人で、どの職についても長続きのしない、よくある「負け犬」のひとりだった。何の前触れもなく唐突に自分が預言者であると感じた彼は、妻と子供達に
「俺は主より選ばれた存在だったんだ。今までの人生がうまくいかなかったのは主のお導きで、俺が進むべき道をいつか見出すよう、主がお示しになられていたからだ。――俺は預言者にならなくてはならない。オハイオへ向かう」
 と宣言した。
 ラングレンも他のカルト宗教教祖たちと、ほぼ同じ特徴を持ち合わせていたようだ。すなわち、誇大妄想、虚言癖、権力と支配への固執、旺盛な性欲。そして暴力的であり、人種差別的であり、男権主義で、教義はハルマゲドンを想定した終末思想に根本を置いていた。過剰な性欲は当然のように倒錯的なものへと変質し、妻アリスはのちにラングレンの寝室での態度について、
「彼は自分の排泄物を性器に塗りつけて自慰するのが好きでした」
「私のネグリジェとストッキングで女装し、私にバイブレーターを持たせて肛門姦するよう強要しました」
「私を縛り上げて、胸の上に排便するのを好みました」
 と述べている。
 さらに彼は浮気の常習者で、SMやポルノの収集者で、妻や子をしばしば殴った。それでもアリスは彼を信じ、ついていった。

 オハイオで、ラングレンは本山のツアーガイドとして巡礼者を案内する任務に就いた。この仕事のおかげで彼は寄付金箱や、ギフトショップのレジに近づいてもあやしまれることがなかった。また聖書購読クラスのリーダーになれたことが幸いし、彼はひそやかに自分のシンパを増やしていった。
 長老たちが何かおかしい、と気付いたときにはすでに事態は手遅れであった。
 一部の信者からラングレンはすでに預言者として崇拝されつつあり、彼の説く異端の教義は内部から蝕む虫のように、RLDSを食い荒らしはじめていた。そしてレジや寄付金箱からは、ここ三年で、2万ドルもの金がかすめとられていた。
 RLDSはスキャンダルを恐れ、彼が黙って職を辞してくれるのなら罪を問わず、すべてを水に流そうと申し出た。
 これを受けたラングレンはシンパたちを連れて町の端にある農場へ引越し、
「信仰を忘れたよこしまな長老たちに中傷され、迫害された」
 として自分を演出した。
 さらに「聖書によると、預言者は必ず追放されるものである」と説き、信者もこれを聖書の再来であると信じ込んだ。
 ときは1987年。ラングレンは「神の軍隊」を作るべく武器を買いあさり、本山攻撃のための軍事訓練をおこたらなかった。構成メンバーは、農場に住んで共同生活を送っていた男女5人、ならびに近隣のアパートに住居をかまえていた3家族と男1人である。


 この閉鎖的な環境の中で、彼らは次第に歪んでいった。
 ラングレンの説教は日増しに狂的に、暴力的になった。妻アリスとその子供たちは「特権階級」とされ、他信者に奉仕させることを当然とした。とくに長男は軍事訓練のリーダーという立場を利用して、しばしば信者を殴り、地面に這わせ、靴に接吻させた。
 劣悪な環境と、外部情報からの遮断、単調な仕事と雑役、そして肉体的・精神的虐待。これらすべてが人間から反抗心を失わせるに有益であることは、今更言うまでもない。信者たちはより受身になり、従順になっていった。

 1989年には、軍事訓練は夜通し行なわれるようになっていた。
 ラングレンはつねに銃を携帯し(時には振り回し)、みずからを「イスラエル軍の陸軍大将」と呼んだ。あきらかに正気の沙汰ではないが、もちろんこれを嘲笑う者はいなかった。
 ラングレンの説教はついに、
「十二使徒と同じく、私とともに生き残れるのは12人のみである」
 と説くまでになった。そして罪は血で購わなければならない、罪深き者はその血で償わなければならないのだ、と。
 ラングレンは誰を殺し誰を生き残らせるつもりだ、とは明言しなかったが、誰もがまず真っ先に殺されるのはエイブリー一家だろうと知っていた。エイブリー夫妻は3人の娘とともにこの信徒に名を連ねていたが、「こんなに貢いだんだから、もうすこし待遇が良くてもよさそうなものだ」という愚痴を何度かこぼしたため、ラングレンの不興をかっていたのである。
 この時期、農場で共同生活していたうちから2人の逃亡者が出ている。彼らはそれぞれ警察に駆け込み、ラングレンが本山襲撃計画をたてていることを密告した。これにより、警察の警戒と監視は強化された。
 が、彼らの穴埋めをするかのように、この直後、女性信者がひとりと一家族が新たな仲間に加わっている。
 1989年4月10日、ラングレンは男性信徒ふたりに、墓穴を掘るよう命じた。
 エイブリー一家の処刑は4月16日になされるはずであった。しかしその前日、エイブリーがやっとマスターカードを取得できたことを報告したため、その処刑は1日延びた。ラングレンは彼を買い物に連れていき、限度額いっぱいまで銃器を買わせ、
「明日、家族を農場に連れてくるように」
 とエイブリーに言った。

 4月17日、エイブリー一家を含む信者たちは農場へ集まった。
 食卓で、エイブリーの幼い末娘が「トウモロコシは食べたくない」と言ってぐずった。ラングレンはこれを見て「邪悪と反抗のあかし」だと思い、殺害の決心をさらに固めた。(中略)

 ラングレンと信徒は数日後、ウエストバージニアへ移動し、そこでテントを張って暮らした。
 しかし生活は劣悪になり、貧窮する一方であった。ラングレンは女性信者にセックスでの奉仕を強要し、自分を「モーゼ」と称した。
 惨めきわまりない生活の中、信者はひとり、またひとりと櫛の歯が抜けるように脱落していった。そして、その間に、警察は農場へと踏み込んで墓穴の中のエイブリー一家を発見していた。

 ラングレンが逮捕されたとき、彼の周囲にいたのは妻アリスと、ほんの2、3人の信徒のみであったという。

 法廷でラングレンは5時間にもわたってみずからの教義を演説し、弁護士の思惑をめちゃくちゃにした挙句、死刑宣告を受けた。
 その他、犯行にかかわった男性信者も有罪判決を受け、妻アリスは150年の懲役刑となった。

========================================

・・・何だかザイクスによく似ている感じがするでしょう?

社会的には負け犬だった男が神の啓示を受け、性的行為に異様に強い関心を持ち、武装し、閉鎖的環境、信者には劣悪な環境しか提供せずにぼろぼろやめていき、というところが。
特に、最後の「法廷でラングレンは5時間にもわたってみずからの教義を演説し、弁護士の思惑をめちゃくちゃにした挙句」というところがものすごくロカンさんとかぶる気がするんです。
もちろん、ロカンさんは最初は自説を滔々と主張するけど「これはまずい」と思ったら一転して誰かのせいにするんでしょうけど。
posted by ヒカリタマ・カイ at 10:51| ザイクス・シリウスについて

2014年01月22日

サンダーボルトに見る本質的な間違い

何度でも言いたいですが、「これは何かの罰ゲームだろうか?」と思うくらい出演者が可哀想になってくるザイクスのDVD「サンダーボルト」。
制作の総指揮を勤めていた元ホーリーナイテス、伊坂さん(仮名)の底意地の悪さのようなものを思わず感じてしまった内容でしたね・・・。
悪い方ではないと思ってましたが、ザイクスに染められてしまったんだろうか?

それは良いとして、男性陣から「あれでは欲情しない」という話を聞きましたが、それはワタシも同感です。
見ていて「きれいだな」とも全く思えないし、恥ずかしさが先に立つんですよ。
「どうしてなんだろう?」と思っていたのですが、最近何となくわかった気がします。

普通のAVは、カメラマンが言ってしまえば「仕事を兼ねた趣味」的な感覚があって撮ってるんだと思います。
悪い意味ではなくて「自分がその女優さんと接するなら、どういう視線で、よりその女優さんを良く見せるために、映像を見ている男性がより楽しくなるために」という視点があると思うんです。
あのおふたりを撮る時には、「上官に対する礼をもって撮れ」的なものがあったんじゃないかと思います。
あれを撮影したのは確か既婚の男性だったのですが・・・そういう部分が入ってしまったのかな?と。
あるいはロカンさんが「欲情した男性の視点で白黒コンビを撮る」というのを許せなかったのか。

それで、ああいう映像って・・・ザイクス的な言葉でいうと「ハートでつながる、横のライン」を意図したものだと思うんです。
世間の皆さんを引きずりこむ、というのがコンセプトですから。
でも、できたものは確実に「縦のライン」、つまり「自分達は偉いんだから、世間の馬鹿な人間どもは自分に従え、そして従うのは当たり前」というものだった。
見ていてそれは痛切に感じました。
あれでは人はついてこないですよ(苦笑)。
それこそロカンさんが「あのふたりに欲情する世の一般男性と自分が同じ」というのが嫌だったから、無意識にああいうものにした可能性はあるかと・・・無意識にコントロールされるんだったら神様でも何でもないじゃんw

どちらにしろ、アライドのおふたりは今はどうしてるのでしょうか?
元気で、彼女ら自身の夢を追いかけていると良いのですが。
もしかしたら、ふたりとも公式の場所で自分がやってきたことの過ちをしっかりと謝罪し本当にやりたいことを一生懸命がんばるなら、チャンスはあるのかもしれませんよね。

というか、チャンスがやってきてほしいと思います。
その前に真摯な謝罪は必要でしょうけどね・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 11:31| 核石・悪魔聖品

2014年01月15日

ロカンの子ども達への感情は?

たまに考えてしまうのですが、ロカンさんの子ども達に対する気持ちってどうなんだろう?と思います。
お母さん(緑姫さん)は、少なくとも長男翠剣クンに対しては将来を考えているんじゃないかと思います。
だからこそ、会社を何が何でも存続させようとしているかと・・・よそで使い物になるかどうかと言われたら疑問符がつきかねないようなところを散々指摘されているから、余計に気になるのかもしれません。
そこは世の中の普通の母親と同じなような気がしてほっとします・・・会社を存続させる、ひいては息子の将来のために会員からカネを無理に吐き出させようとしているのは、そりゃ違うだろと思いますが。

では、ロカンさんはどうなんだろう?
子ども達を自分とは別の人格として尊重しているのか?

ロカンさんを見ていると、「息子を大切にしている」というよりは「自分の分身だから息子を大切にしている」というような気がしてなりません。
どこまでも自分が主人公になりたい人なんだな、ロカンさん・・・と。

翠剣クンが外向きに発言しないことで能力的な問題、果ては何らかの異常説まで流れておりますが、もしその真相が「どこまでも自分が主人公になりたい父親の希望を叶えるために遠慮している」だったら・・・

みんなが不幸だよなぁ・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 17:21| ネタ・戯言

2014年01月12日

2chのザイクス紅白歌合戦w

2chに掲載されていたザラス(ザイクス?)紅白歌合戦、ヒカリタマ・カイも楽しく見させていただきましたw
あそこまで替え歌を作れるのは確かに才能だと思います。
うらやましいw
特にあのフランスの曲のような替え歌を作る才能は素晴らしいと思いました。

文面を読む限り、現在の社員が作成したとは到底思えませんな。
というか、あれだけの才能がある社員がいたなら才能を発揮させ・・・る前に、波動参謀とかいう幹部が嫉妬でその人を潰しているか(苦笑)。
「有能な人材を波動参謀が嫉妬してロカンさんに讒言、人材は潰される」という話はおそらく本当だと思います。
ヒカリタマ・カイも似たような話を聞きました。
そして、潰す側は「自分がその人に嫉妬している」ということを認識せず、立証する余地のない「波動問題」として騒ぎ立てるから本当にたちが悪い。

・・・というわけで、ワタシも替え歌に挑戦してみましたw
「恋の予感」

なぜ なぜ あなたはザイクスを辞めないの
その発言を 2chが 見つめるの
ハゲは気侭に あなたを踊らせるだけ
恋の予感はただ 駆け抜けるだけ

なぜ なぜ あなたは「なぜそのように偉そうなのか!」と言えないの
届かぬ政権は ゼロ次元に揺れたまま
ハゲは気まぐれ 信者を惑わせるだけ
(核石)効果の予感が ただ駆け抜けるだけ


・・・ああ、やっぱりあの人ほど面白くないわ。

念のため、ヒカリタマ・カイはあの歌合戦の歌詞を作った人ではありません。
posted by ヒカリタマ・カイ at 07:00| ネタ・戯言

2014年01月11日

剣はまず己に振り下ろされるべし・・・

この間、またひとつ2chでもブログでも公表するのをためらわれるような事実を知ってしまいました。

・・・あまりのゲスさに反吐が出そうな気分でした。

もしザイクス・天業古代王朝が日本を制圧したら・・・過去に類を見ないような最低な政治が行われていただろうな・・・と今では強く思います。
あんな、人の心を踏みにじるような奴らが「破邪顕正」?
まずザイクス内部が破邪顕正されてしまえ!!と言いたくなります。

それくらいひどい内容だったとお察しいただけたら幸いです。

後世から見て社会主義国を表現した言葉に「天国を作ろうとしたはずが地獄を作ってしまった」というのがありますが、ザイクスや天業古代王朝にもそれが当てはまるように思います。
「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対に腐敗する」という言葉もありますね。

ザイクスや天業古代王朝の内部情報を知るにつけ、中世のキリスト教会の腐敗・堕落を見ているような気になります。
「自分達は正しい」と本気で思っているのが尚更末期的だし、手が付けられない・・・と。

どんなに清廉な人間でも人は人。
破邪顕正というなら、それを真っ先に自らに振り下ろすべきだったんでしょうね。

そして・・・「破邪顕正の刃を自分に振り下ろされても構わない」と思っていた人間を、ザイクスは次々に粛清していったような気がしてなりません・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 17:15| ネタ・戯言