2013年09月23日

ロカンさんのお子さんへの評価

昨日のロカンさんの前世の話を書いていて、ふと思い出したことがあります。
昔、ザイクスの出版局的なところがあって、そこで「十光線性格学」という本を出していました。
「これ、どっかの学芸会で出版する本?」という体裁で・・・お値段5,000円。
今だったら「それ、ぼったくりだろ?!」と胸を張って言える・・・内容以前の問題で。

その本の中にこんな記載があったんです。
諸葛孔明だったか聖徳太子だったか、どっちかは忘れたけどどちらかの話であることは確実。
「人を容れる度量がなかったから、人がついてこれなかった」・・・聖徳太子かな?
源頼朝は「大人物だが、猜疑心が強かった」でしたね。

ロカンさんによると、諸葛孔明も聖徳太子も長男、翠剣くんの生まれ変わりらしいです。
あと、翠剣くんが今まで生まれ変わってきたと言ってるのは安倍晴明、イエス・キリスト、大国主様(神様のような気もしますが)でしょうか。
大国主様は神様だから別として、共通しているのは「誰もついてこれない人間」「孤独の影がつきまとう人物」ではないかと。
諸葛孔明も聖徳太子も安倍晴明も尊敬するべき人物ではあるけど、友人として楽しんで付き合うのは難しいと思わせるタイプではないでしょうか。

同じく、頼朝はロカンさんによると次男さんの生まれ変わりだそうです。
こちらは他に、ローマ帝国初代神聖皇帝アウグストゥス(オクタヴィアヌス)、神武天皇、ニニギノミコト、旧約聖書のイサク・・・後は忘れましたが、どれも統治者としての力量を持つタイプという感じでした。
比較的初期のロカンさんの論文という名の作文を読むと「帝国は次男が継ぐであろう」という言葉が何度か出てきています。
逆に「長男が継ぐ」という言葉はほとんど出てきていません。
「まず長男が継ぎ、次男に譲り渡す」ということは論文にありましたが・・・結局、次男が帝国を支える、と。

ザイクス関連の機関誌に出てきたのも、長女→次男→長男(翠剣くん)と、次男の方が先でした。
長女さんは「プリンセス」でしたが、次男さんは「大王」、翠剣くんは「王子」です。

長男である翠剣くんの写真が公表されて大多数の人が一瞬考えたように、今にして思えば、ロカンさんも長男さんの力量とか限界を早いうちから感じていたのかもしれません・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 10:03| 思い出話

2013年09月22日

小島露観の前世は負け戦の将?

小島露観さんは、自分の前世について、いくつか会員に話しています。
今更ですが、矛盾を含んでいるものもたくさんありますw

思いついたものをつらつらと書いていきましょう。
とりあえず人間限定です。
神様の生まれ変わりというのは証明できないですから・・・。

・ヤマトタケル
 記紀によるとヤマトタケルは女装してクマソタケルを殺したんですが、そういえば、波動参謀のひとりは「総帥(当時のロカンさんの呼称)が女の子だったら絶対かわいいです!!」と言ってたのが機関誌に載ってましたね・・・。
 ヒカリタマ・カイはそれは肯定できなかったのですが、その時ロカンさんは「そうだ、俺はアトランティス時代に一度だけ女性になったが、絶世の美女だった」と答えていたみたいです。機関誌か何かに載ってました。

・ナポレオン
 確かにロカンさんとナポレオンの肖像のひとつはとても似ています。
 そこから「自分がナポレオンだ」という妄想が広がったのかもしれません。

・ヒトラー
 ご存知のごとく、最初は別の波動参謀さんがヒトラーだったと言っていたのに、いつの間にかロカンさんがヒトラーということになってました。
 ・・・髪の毛ふさふさな人に生まれたかった願望があるのかロカンさんと思ったのはワタシだけでしょうか?

・チンギス・ハーン
 これも最初は曹操(つまり、上杉魁氏)と言っていたのですが、「世界最大の帝国を作ったのはチンギス・ハーン」ということが世間に知れ渡ったとたん、ロカンさんがチンギス・ハーンということになってしまいましたw
 
・劉備玄徳
・アッチラ(アッティラ)
 ヨーロッパを席巻しようとしていたアッチラを撃退したのは、ハンガリーだったそうですね・・・。
 その時のブームによって前世を決めているんじゃないかと思うのもワタシだけでしょうか?
 ロカンさんは撃退されたことは知らなかったのでしょうか?

・エジプト王ラムセス2世
 ラムセス2世も国内的には「ヒッタイトに勝った」とは言ってるものの、エジプトの国力を考えたら、実質は敗戦だったようです。
 「ラムセス2世」と言い出したころは確か「ラムセス2世はヒッタイトに勝利した」ということになっていて、考古学の新発見でその事実が覆されたような・・・。

・前田慶治
 もちろんロカンさんが「自分は前田慶治」と言い出したのは、某少年誌が前田慶治を扱った後の話です。
 北○の拳が連載だった時にはもちろん言ってませんw

・ハンニバル
 レクター博士の方ではなく、古代ローマのポエニ戦争の敵役の方です(苦笑)。

こうしてみると、ラムセス2世といい、前田慶治といい、アッティラといい、劉備、ナポレオン、ハンニバル・・・実は華々しく有名ではあるけど、結局は敗軍の将ばかりです。
もしロカンさんの言ってることが本当だとして、ここまで敗戦を繰り返す将軍というのは才能的に問題があるような詰めが甘い性格を治せないような・・・。

ロカンさんの予言が当たらないのも、実際の軍事については人任せなのも、前世を考えたら当然なのかもしれませんw
posted by ヒカリタマ・カイ at 21:14| 思い出話

2013年09月17日

裏切り者は波動で特定できるのか?

ザイクス(天業古代王朝)を退会、または強制退会させられる時には「裏切るな。裏切ったら波動でわかる」と脅されるらしいです。

・・・過去に裏切り者だったから退会させられるのに、それで「裏切るな」っていうのもねぇw
手元において裏切らないような環境を作ってあげるのも大切なお仕事だと思います、宇宙皇帝さん。

ところで、本当に裏切り者は波動でわかるのか?

アンチブログを立ち上げているのはRiotさん、ブルーホールさん、アリスさん、京忍さん、メルカッツさん、元シリウス社員さん、KANBANWAさん、HN小松さん、もうひとりの元シリウス社員さん。
ブログではないけど、手持望さん。

この中でザイクスが確実に特定できているのが・・・
Riotさん:自分であえてわかるような話をしていたことと実名でロカンさんに書状を送りつけているため
京忍さん:これは伯壬旭(小島露観)がつけた名前であり、ご本人が贖罪のためにこの名前で活動しているため(でも個人的には榊重衡の方がかっこいいけどな〜)
手持望さん:2chに以前から名前があがっていたこと、マンガの内容から
アリスさん:ザイクス相手に裁判していたらわからないわけがないw

・・・この中で「波動でわかった!」というタイプの方、いると思いますか?
波動以前の問題でわかることだと思うんですが・・・。

実はKANBANWAさんの正体については、向こうは波動で特定したらしいのですが・・・どうもそれは全然違う人だったらしいです。
KANBANWAさんでもないのに「お前はKANBANWAだろう?!」と言われた方にしたら大迷惑ですね。
そして、波動によるとRiotさんは一度重病になったとかで女性になったとかいうすごい話になってましたね(苦笑)。
Riotさんは首尾一貫男性ですし、元気に暮らしていますw

ブルーホールさんを除いた残りの方は・・・ザイクスは特定できてないみたいですねw
2chで言われているように、仮にHN小松さんがその方だったとしても・・・波動以前の話でしょ?
「波動でわかりました」と言ってる方が恥ずかしいレベルの話です。

全然「波動でわかって」いるわけじゃないですよw
posted by ヒカリタマ・カイ at 09:36| ザイクス・シリウスについて

2013年09月16日

間男はルシファー?

2chによると、アライドアマゾネスの黒さんとその彼氏さんは「ルシファーだった」ということで追放されたとのこと。
また、彼氏さんは「脅迫営業の首謀者だった」とロカンさん自身の罪をなすりつけるようなことも言っていたそうです。

彼氏さんの方は脅迫営業で悪名が高いことも知っていましたが知らない人でもなく、本来そういう人ではなかったように思いたいです。
このおふたりも、またザイクスの加害者であると同時に被害者でもあるんでしょうね・・・。

ザイクスに関わっていなければ、良い人だったかもしれないのに。
そう思うと、悲しいですよね・・・。

・・・と、ザイクスでルシファーと言えば、緑姫現シリウス会長の不倫相手だったと言われた方だったんじゃないの?という疑問が。
多分大多数の人はそう思ってると思うw

ルシファーって、そんなに何人もいるものか?
地球に聖なる秩序をもたらしたくないなら、自分で何人も分かれて転生しなくても、部下の悪魔を使えば良いんじゃない?

・・・というか、不倫相手の方も黒さんも彼氏さんもルシファーでも何でもなくて自分の女性を奪った人間は誰でもルシファーとして見ているだけじゃないのロカンさん?という気がしてきます。

以前の2chで、ロカンさんと黒さんがエロ儀式でかなりやばいことをやっていたと話でしたから・・・奥さんは許せても、彼氏を作った黒さんと、その彼氏は許せなかったのかな?
黒さんだって若いんだもの、既婚で子持ちの年金もらうお年頃のおじいさんより若い男の方が良いと思うんですよ。
これで黒さんが彼氏よりロカンさんを選んだら、誰よりも嫉妬深い波動参謀から何を言われるかはよくわかっていただろうしね・・・。

黒さんの彼氏さん、黒さんを幸せにしてあげてほしいなぁ・・・。
彼氏さん、相当ザイクスにどっぷり浸かっている方だけど・・・いい加減に目を覚ましてほしい。
もし緑姫さんの不倫相手とされていた方がここを見ていたとしたら、連絡いただけたら・・・と思います。
その方とは直接お会いして話をしたこともありましたが、ロカンさんと緑姫さんは色々言ってましたけど・・・腰の低い、自分の地位を笠に着ない良い方でした。


ルシファーですが、本当にそういう悪魔がいるかどうかはさておき、本来は金星を人格化した存在だったんじゃないかと思います。
ギリシャ神話の「フェイトンの神話」に代表される、惑星マルドゥク(火星と木星の間にあった星)を破壊した、天の秩序を壊したものだから悪魔にされてしまった者であり、リリスを代表とする、聖書としては封印したい神の系譜の存在だったんじゃないかと思います。
これに関しては、歴史言語学とか比較言語学の発展を待ちたいところですねw
posted by ヒカリタマ・カイ at 10:33| ザイクス・シリウスについて

2013年09月13日

マキャヴェリだってこんなひどいことは

ワタクシ、古代中国の兵法書を読むのが好きで、孫子に飽き足らなくなり、六韜(リクトウと読みます)を読んだことがあります。
そもそも六韜とは、殷の紂王を倒した太公望呂尚が周の文王・武王(ロカンによるとロカンの前世のひとつ)に兵学を指南する設定で構成されている書物ですbyWiki。

特にその中の虎韜が名高く、これをメインに読んだのですが・・・あまりの悪辣さに頭がくらくらしてきます。
「敵の王が寵愛している女がいたら、もっと美しい女を送り込め。後宮(日本の江戸時代なら大奥といいます)が大混乱になるから」
「敵国に忠臣がいたら、罠にはめて失脚させ、凡庸な人物を取り立てるようにしろ。そうしたら敵国は国力を下げるから」
「敵の国力を下げたい場合は非主流派と手を組み、派閥を築かせろ。国力を下げる」
「敵国にぜいたくを覚えさせ、経済をおかしくさせろ」

それで、ここまでして敵国の土台をがたがたにしてから責めろ。そうしたら勝利は確実、とw
・・・こんな国にやられたら、たまったもんじゃないよなぁ・・・。

哲学者の梅原猛さんをして「六韜はマキャヴェリズムなんですが、マキャヴェリだってこんなひどいこと書いてない」と言わしめた名著?!です。
そして、ヒカリタマ・カイもマキャヴェリの君主論は読みましたが、確かに「こんなにひどいことは書いてない」です(苦笑)。

マキャヴェリは君主論の中でこのような主旨のことを書いてます。
「国民の財布に手を突っ込むような真似をするな。国民は少しぐらいの横暴なら耐えられるが、私有財産に手を突っ込まれたら抵抗するものだ。
それは滅亡への道になる」と。

ザイクス(天業古代王朝)やシリウスの動向を聞くにつけて、思い出すのはこの言葉。
そういえばロカンさんはマキャヴェリの前世は(悪辣な)藤原鎌足だ・・・と言ってましたけど、ロカンさん達のやってることは、鎌足よりも悪辣なわけで。
マキャヴェリズムは冷徹ですが、ザイクスと比較したらマキャヴェリズムの冷徹ささえかわいく思えてしまいます。

なお、歴史の中では「最悪の王」とされている殷の紂王ですが、実際は結構良い方だった可能性があります。
現代主流の「神の力に頼らず、自分の力を信じて進め」という考え方の持ち主だったようで、神への生け贄(もちろん人間のことを指してます)を廃止しようとしていたらしいです。
殷が滅びた戦争も、正面切って衝突したわけではなくて、殷の主力が外征に行ってる間に攻め込んだもののようで、幾分以上歴史に手が加えられているような感じらしいです。

むしろ周の武王の方が後進的な考え方だったようで、神への生け贄(言うまでもなく人間)は復活し、廃止は三国志の孔明の時代まで待たなければいけませんでした。
ここらへん、妙にザイクスと被る気がするんですよねぇ・・・。

ロカンさんが「周の武王が前世」と言っていたのは、あながち間違っているわけではない気がします。
言ってることとやってることが全然違うという意味では。


posted by ヒカリタマ・カイ at 10:57| ザイクス・シリウスについて