2013年06月06日

ホロスコープ変更業務は終了済みだそうです。

2chで話題になっていましたが、ザイクス・シリウス・大汗帝國のホロスコープ変更業務は今年の3/15に終了済みだそうです。
ザイクス側から告知は一切なく、社員のプライベートブログに記載があったとのことで・・・ちゃんと会員には事前に説明したんだろうか?
例によって例の如く、徴収しなくても良いお金はきちんと会員や顧客に返金したんだろうか?

「ホロスコープの変更」なんて、そもそもの設定に無理がありすぎですからね・・・。

ホロスコープといえば、ロカンさんのホロスコープはものすごく悪いです・・・通常のホロスコープでもサビアンでも。
何をやっても芽が出ない・・・と言えばいいのでしょうか。
太陽と土星が0°で、努力が報われるのに時間がかかる、本来は支配的・権威的なのに天王星も近くにあるから既存のものを否定したがる。
努力をしたら報われるのに、小さな幸せで満足することを学べば良いのに突飛なことを好み、それが原因で足下をすくわれてしまう。
全知全能の宇宙皇帝なら、もっとましなホロスコープを選んで生まれてきたら良かったのに・・・。
なお、ロカンさんのホロスコープを見ていると、とてもじゃないけど為政者のそれとは思えないんですよ。
まるで隠棲者のステレオタイプを見るようなホロスコープです。

ロカンさんがホロスコープやホロスコープ変更にやたらこだわっているのは、彼自身のホロスコープの悪さを何とかして克服したいためではないかと今では思ってます。
そのために会員や顧客を巻きこんだ・・・と。
そして、ロカンさんの精神がもっと大人なら、また別の形で世に貢献できたと思うのですが・・・如何せん精神性が大人にはなり得なかった・・・。

ロカンさんのサビアンシンボルは、また今度UPしようと思っております。

ロカンさんの生年月日はWikiで検索できますから、無料のホロスコープ作成チャートを使ったら・・・あなたもわたしもロカンのホロスコープは丸見え♪
さらに今はサビアンシンボルもネットで検索できる時代ですからね。

・・・ホロスコープというか、サビアンシンボルについて極めたい方はこちらもどうぞ。


posted by ヒカリタマ・カイ at 19:39| ザイクス・シリウスについて

2013年06月03日

地獄産業(株)の人材募集のページです。

防備録として残しておこうと思いまして。
2chで話題になっている、(株)シリウスの前身、地獄産業(株)の外国人対象の人材募集のページの魚拓取りました。

http://megalodon.jp/2013-0603-2026-10/www.hiwork.jp/companyList/1000003072.html

・・・取ったはいいんだけど、どうしたらよいのかわからなくて。
というか、既に誰か取ってたりしてね。
利用したい方はどうぞ利用してください。
本来は2chに掲載するべきところですが、2chへの書き込みができないので・・・ごめんなさい。

ついでに元ページはこちらです。http://www.hiwork.jp/companyList/1000003072.html


突っ込みどころが多数あると思いますが、突っ込みたいのはヒカリタマ・カイも同じです。

・・・明日から、また2chで荒らしが始まるんですかねぇ・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 20:42| 防備録

日本版、大義は親を滅するか?

前回のブログに訂正です。「正義のために親を殺したケースはほとんどない」と書きましたが、日本で正義のためではないけど親を殺したケースがひとつありました。ごめんなさい。

鎌倉幕府の初代将軍、源頼朝と義経の父、義朝の「親殺し」です。

とは言っても、これはものすごく気の毒なケースで「正義のため」ということではなく「勝者の優越感のため」というのが正解だと思ってます。
保元の乱で源氏も平家も両方とも、親と子に別れて戦ったわけですが、勝者の後白河法皇は敗者である崇徳上皇についた武士達の首を要求するわけですが・・・なんと、それを実の甥(平清盛)とか息子(義朝)に命令するというひどい命令を出しました。
ふたりとも「泣く泣く」叔父や父親の首を斬るわけです・・・。

救われるのは、日本人はこれを誰も「大義」だとは思わず斬られた義為・義朝親子に同情的で、このような無茶な命令をした朝廷はこの後「義朝の息子」頼朝が開いた鎌倉幕府によって政治の場から追いやられることになるくらいでしょうか。


・・・このように、「政治による親殺し」があった日本でも「大義、親を滅す」とは見なされず、逆に自分達の立場を悪くすることにつながりました。

ワタシの目から見たら、会員の親からもお金を搾り取ろうとするザイクス(大汗帝國)は、保元の乱の後白河法皇とその取り巻きのようにしか見えないんですよ。
大局を見ることができず、相手を見下して、結局は自分達の首を締めることになった人達に・・・。




最後に、松尾芭蕉の俳句を紹介します。

義朝の 心に似たり 秋の風
posted by ヒカリタマ・カイ at 18:18| ザイクス・シリウスについて