2013年05月15日

ザインの呪いが効かない理由

あれだけひどかったザイクス(大汗帝國)の、2chへの荒らしがストップしています。
「多分資金繰りが苦しいんだろうな〜」とあからさまに推測できる荒らしって結構恥ずかしいと思うんですが・・・。
Riotさんの取り上げた「復讐と呪殺は、やればやるほど地球に良い」「ザイクスが仰る卑怯者の定義」という燃料も効いてます・・・ザイクスの呪いよりw

では、なぜザイクス・シリウス・大汗帝國の呪いが効果がないのか、今まで世間で出尽くした理論である程度は説明できるんですよね・・・。

まず前提として、「もし、この世のみんなの呪いがすぐに叶うことになったらどうなるか?」を考えてみてください。
ちょっとでも「あいつ、死んじまえ」と思ったら・・・すぐにその「あいつ」が死んでしまう世界です。

・・・かなり怖いですよね?冗談でも人は呪えません。
そんな状態で誰かを呪ってその誰かが死んでしまったら、まず間違いなく、今度は「誰かを殺した自分」がその誰かの親しい人によって殺されてしまってもおかしくないと思います。
だから、呪いはすぐに発動しないし、するわけがないし、発動しないことは本当に良いことだと思ってます。
もっとも「あいつ、死んじまえ」と思ってすぐに発動する世界なら・・・速攻でザインの関係者は全員殺されてますね。
特にロカン、奥さん、会長、社長、社長代理・・・うわ。

それは置いといて、誰かを呪ったとしますね。実はその「誰かを恨む」という行為のエネルギーは相手にも向けられますが、実際は「相手のようにできない自分」にも向けられるんです
そりゃそうです。そもそも、呪いたい相手のようにできるのであれば、その相手に恨みとか嫌な感情を持つことはないのですから。
つまり、相手の人生をおかしくするだけの呪いのエネルギーは・・・当然「自分の人生をおかしくするだけのエネルギー」にもなります。
本気でザイクスの呪いが効くなら・・・当然お客様もザイクスも無事では済まされません。
それが無事でいられるということは・・・おわかりですね。
ザイクス・シリウス・大汗帝國は「呪い返しは心配ない」と言いますが・・・自分で自分を呪う効果は防ぎようがないんですよ。
だって、呪い返しとは違うもの。
もし、核石の石そのもののパワーで幸せがやってくるとしても・・・「自分で自分に向けた呪い」のために発動していない可能性もあるかと思います。

本気で効果のある人はあからさまに「呪い」を商売にしてないのはこのためで、呪殺系を扱っている他のサイトではお客様に事前に話を聞いて、お客様の落ち度がないか確かめているんですよ。お客様に落ち度がある状態で呪いを発動させた場合・・・自分達も危険になりますからね。

そうそう、以前「許しのワーク」というのを教えてもらって、やったことがあります。
自分自身がどんなに特定の人を恨んでいたか、よ〜く思い知りまして(汗)。
たくさん泣いた後に気づいたのは・・・言葉にはできなかったけど、恨んでいた相手は決してヒカリタマ・カイのことを憎くてやっていたわけではないこと、いつもヒカリタマ・カイにいつも感謝してくれていたこと、そして・・・

その恨んでいた相手をヒカリタマ・カイが「自分のやりたいことをしない理由」として利用していたことでした。

こんなんだったら、呪いが発動するわけありませんわなぁ・・・相手がいなくなったら「自分が何かをやらない理由を押し付ける人」がいなくなるもの。
ザイクスが「呪い、呪い」と言ってる理由も・・・もしかしたら「自分達の落ち度を押し付けるため」なのかもしれないと思ったりして。



それから・・・呪い返しにはラブラドライトがお勧めです。
まぁ、自分に落ち度のない場合は、あえて呪い返しをしなくても自動的に相手に跳ね返りますからね・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 13:06| オカルト