2013年05月30日

大義は親を滅するか?

大義、親を滅す(大きな正義のために、親を犠牲にする)」は大汗帝國(ザイクス)が好きな言葉です。
多分元ネタは中国史だと思います。

・・・では、実際に大義のために親を殺した・滅ぼしたケースが中国史を通してどれだけあったのか?
若干お暇で中国史大好きなヒカリタマ・カイが記憶の中を総動員して探し出したところ・・・



・・ん?

・・・あれ?

答え:ほぼない。
権力闘争で兄弟姉妹を殺したケースはかなりありますが、親を直接手にかけたケースはヒカリタマ・カイが記憶する中では秦の始皇帝が実父ではないか?と噂された呂不韋に自殺を命じたこと、安史の変で安禄山と史思明がそれぞれ自分の子どもから殺されたくらいで、後はせいぜい「親を幽閉した」くらいで終わってます。その結果、親が餓死したこともありましたがごく少数。
そして、兄弟姉妹による権力闘争でも「殺らなかったらこっちが殺られるから殺った」というものがほとんどで、とてもとても「大義」なんて言葉を出す必要もない「大義」です。
安禄山と史思明に関しては、自分の後釜を別の息子に継がそうとしたこと、最後には病気から精神を患ったかのように凶暴な姿勢が見られていたために息子(皇太子)が決起した、というのがありますが・・・これも「大義名分」というよりは「殺らなかったらこっちが殺られるから・・・」という側面が強かったようです。

中国の場合は古代から現代を通して「大義、親を滅す」よりは「親の大義名分のために罪のない子どもが犠牲になった」ことの方が圧倒的に多かったように思います。

親に正論をぶつけて殺された殷の紂王と比干、部下の虚言を真に受けて殺された漢の武帝と戻太子、自分が皇帝になりたいために、自分の子ども達を次々に死に追いやった唐の則天武后と太子・・・。
大義、親を滅すもなにもないもんだ。

そもそも、中国や日本は儒教の教え(親を一番大切にする)が強い国です。
親を滅したら・・・単なる「人でなし」と見なされる可能性は大きいですね。

ザイクスの「大義、親を滅す」という言葉を真に受けている会員のみなさんへ。

このように、大義で親を滅ぼした人は過去にもほとんどおりませぬ。
・・・というか、あなた達こそザイクスの代表や幹部達に殺される「子ども」になっているじゃないでしょうか?

小島露観でさえ、親は元幹部を呼んで盛大に葬式を行ったのでしょう?
あなた達はそんな人達の言葉を真に受けて親を滅する必要はないと思いませんか?
posted by ヒカリタマ・カイ at 14:38| ザイクス・シリウスについて

2013年05月24日

なぜに英雄は女好き?

昨日の聖母マリア様の話で思い出したことを。

ロカンさん的には「英雄、色を好む」という言葉を「自分の女好きを容認するための方便」として使っている向きがあると思うんですが・・・英雄がめったやたらと女性を側に置くのは、もっと政治的な意味がありますw
例えば、古代ユダヤ王国の王ソロモンがエジプトの王女を始めとして側室を1000人くらい置いていたのは・・・彼女達は王族で、言ってみたら「人質」だったりするわけですよ。
自分の娘だけでなく、友好国の娘まで人質に取られていたなら、相手もちょっと手を出しにくいですよね?

そしてゼウスが正妻ヘラの嫉妬にもめげずwあそこまで不倫をしていたのも、大国主命が記紀で「・・・こいつ、何人女をたぶからしてんだ?」と思ってしまうのも(大国主さまごめんなさい)、実は彼らは「征服者」だったからではないか?と言われています。
ゼウスは父親のクロノスを殺して王権を奪取したわけですが、実際は異民族が土着の王を倒して政権を奪取したという話だったんじゃないかと。そして未来にゼウスと呼ばれるものは徐々に周辺の土地や部族を侵略していったんじゃないかというのが、現在の研究でわかっています。
英雄だってバカじゃないので、責め滅ぼすだけではなくてその後の領土経営に力を注ぎますし、力を注がなかったら「ただの略奪者」であって「英雄」ではありませぬw
そして、異民族を武力で抑えた上で臣従させるのに一番簡単(?)で手っ取り早いのが・・・「前王の娘(あるいは近親者)との結婚」なんです。
そうしたら「王の娘」は一種の人質であり、生まれてくる子は「侵略者の子」でもありますが、侵略された側からしたら「正当な王の血を引く子」でもありますから。

それでゼウスも大国主さまもあんなに女のお尻を追いかける・・・なんてことになってしまいます(苦笑)。
ただ単に女好きなわけじゃないし、男尊女卑な態度なんてやってらんない。
やったら・・・領土経営失敗から撤退に追い込まれる可能性もあります。
「大切な人質」なら、英雄の方が彼女のことを性格的に合わなくても嫌いでも大切にしなくちゃいけないし・・・。
ロカンさん、その点をわかっていらっしゃ・・・ったら、この時点で「英雄、色を好む」なんてやらないかw

そういえばザインによるとソロモンと大国主さんの生まれ変わりらしい現社長の翠剣くんですが、どうもきれいな女子社員の横にいたがるご様子らしいですね。
女好きだけソロモンと大国主の気質を持ってきたなんて嫌だなぁ。

その前に・・・「ザイクスの資金調達部門の(株)シリウスの男性社長はそろいも揃って女好きだな〜」とのほほんと思うヒカリタマ・カイでした。



記紀に出てくる大国主様の求婚の舞台になった場所で採れた、由緒正しい国産の翡翠です。
大国主さんはこの翡翠を求めて富山の方まで進出したという説もあります。
ザイクスのみなさん、ちゃんと勉強しましょうね。
posted by ヒカリタマ・カイ at 09:26| オカルト

2013年05月23日

聖母マリアが仮想敵になる理由

ザイクス(大汗帝國)では、長年聖母マリア様を仮想的として糾弾してきました。
ヒカリタマ・カイもそれに乗っかり前世でお世話になった聖母マリア様を恨んでいたりして・・・ああ、ごめんなさいマリア様。

では、なぜザイクスは聖母マリア様を仮想敵にしていたのか?ザイクスにいた時には考えもしなかったけど。
この間、Riotさんと話をしていて何となくわかったような気がしました。

聖母マリア様はどういう存在かというと・・・ただ単にキリストさんを生んだから偉いんじゃありません。
聖母マリア様の伝説を調べていくと古代の大地母神信仰がベースにありまして、シュメールのイナンナ(イシュタル)、エジプトのイシス、ギリシャのデメテル、ケルト神話のダーナの系譜に出てくる原型のひとつなんですよ。
おっぱいがいっぱいのエフェソスのアルテミスさん(失礼)もこの系譜かと思います。

この「原型」は、人類が常に必要としている「母性そのもの」だと思うんです。
それは・・・「どんなに弱い自分をも受け止めてくれるもの」。
幼い時代には絶対的に必要なもので、大きくなってからも自分の弱さを感じた時に必要になってくるもの。

そして、これはユダヤのヤハウェとは相容れない思想だったりもします。
ユダヤのヤハウェのような、父権性の強い神様は「自分以外のものは悪だ、悪は敵だ、敵は征服しろ」ですもの。
強さを求められてしまうものです。

そのためにユダヤ・キリスト教が世界宗教になった時にいったんは消された・・・けど、一般民衆は「大地母神の原型」を欲した。
だからイシュタルでありイシスでありデメテルでありダーナであるものは、今度は名前を変えて「聖母」として崇められた・・・。

小島さんとしては、自分の弱さを認めたくないから「弱さを認めても良い」と促す聖母マリアを憎むことで、自分の強さを誇示しようとしたんだろうか?
会員に聖母マリアを憎ませることで「会員の弱さを否定して、自分に従う強さのみを要求した」のかもしれない。
・・・人間はそこまで強くはないのにね・・・。

もうひとつ、大地母神の下では、当たり前といえば当たり前ですが「女性の方が権威がある」のです。
より力のあるオス、優秀なオスでなければ、メスは認めない・・・。
「世界皇帝」としては、その状態が嫌だったのかな?
ロカンさんの言動を見ていると、良くいえば「ばりばりの亭主関白」悪くいえば「男尊女卑」意識が見え隠れしてますからね。
女性のことを本気で考えているなら会員に風俗は勧めないし、本気で風俗が良いものだと思うなら自分の娘や奥さんやお妾さんにも風俗を勧めるでしょうよ。

そういえば聖母マリアは神殿娼婦(神殿にお籠りして、参拝客の男性を相手に売春する女性)だったという説もあるんですが、父権制を重視する社会では「風俗は汚らわしいもの」と見なす風潮が強いです。
たくさんの男性と性交渉した女性から生まれた子どもを「自分の子どもだ」と認めることは・・・今ならDNA判定などで簡単でも、過去だったらとても難しいことだったでしょうからね。
ロカンさんとしては、そのような「母権制の象徴」が嫌だったのかもしれませんし、自分より下と見ている女性達が「自分と同じ権威を持つ」ということが許せなかったのかもしれませんね・・・あくまで想像ですけど。
父権制だから正しい、母権制だから正しいということもないのに・・・。



「たまたま」見つけた奇跡のメダイ。
ちなみに後ろの星の12個はホロスコープの黄道12星座、十字架はキリスト教以前のケルトやマヤ文明にも見られる「光とか宇宙の四大元素の象徴」でもありますw
1+12という、宇宙を動かす原理もしっかりちゃっかり刻まれて。
あまりにわかりやすい「隠しっぷり」に思わず笑ってしまいましたw
どこぞの核石よりも、このメダイは宇宙の真理(蛇に象徴されるエゴやカルマを超えて自らの光にて隣人に愛を向ける。神も運命もあなたに味方する。自らに課した限界は、自らの手で打ち破っていけ)について教えてくれてるんじゃないだろうか?
自己愛を促すインカローズもついてて女性には特にお勧めww

今回の内容は、少しわかりにくかったかもしれません。ごめんなさい。

本当の強さは弱さを否定することではなくて弱さを受け入れることだと、ザイクス・大汗帝國のみなさんが早く気づいてくれたらいいのにね・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 21:21| ザイクス・シリウスについて

2013年05月20日

お値段相応

大汗帝國(ほんと恥ずかしい名称だよな・・・)という思想団体がバックについているパワーストーン・・・じゃなかった、パワ−スートンショップシリウスは「エネルギーが入っている」ということで願いが叶うというふれこみの天然石を販売している会社です。
噂というか、ワタシも他社のHPで確認してみたのですが、ここでは仕入れ値の10倍以上で商品を販売しているようです。
問題は「核石」や「悪魔聖品」をいう商品を、大汗帝國の思想に共鳴する会員(正直言って、カルト教団の信者と何も変わりないですが)に商品を無理矢理買わせた挙句自己破産に追い込み、しかもその際は「ザイクス(大汗帝國の前の名前)への借金は隠して自己破産するように」と強要したり、お金が払えない女性会員を風俗に行くように勧めたり。
会員になると儀式への参加が義務づけられることもあるのですが・・・性的な内容の儀式もありまして。
女性器にロウソクや花火を刺した儀式なんていうのもあったそうです。
もちろん、個人の意志は最大限尊重したいのですが、ザイクス(大汗帝國)とその営業部門シリウスは問題点が多すぎるといわざるを得ません。

世の中には4〜5万円するような天然石もありますが、それは大抵それなりの理由があります。
例えばアレキサンドライト。これは太陽光の下と白熱灯の下では全然違う色になる石です。
希少価値が高く、どうしても需要と供給のバランスが崩れて高値での取引になります。



タンザナイト。世界にひとつしかない鉱山が水没してしまい現在採掘不可。
そのため希少価値がとんでもなく高くなってしまいました。



スギライト。この石の「スギ」の部分は日本語の「杉」。日本人の名字をつけられた石です(発見者の恩師の方のお名前だったそうです)。
生産量が少ない上にアメリカで「がんやエイズに効く」なんてヒカリタマ・カイですら信じないような説が流れたことで一気に品薄+高値になりました。



インカローズ。この石は日本でも採掘されていた時期がありました。現在はその鉱山は閉鎖しています。
色のきれいなものが世界的に少なくなり、そのため値段が跳ね上がっています。



モルダバイト。一時期ロシアで大変なことになった隕石からできたパワーストーン。
その名の通り、モルダウ川周辺のみで採掘されます。
当然希少価値が高いため値段もそれ相応に・・・。



何度も言っていますが、これらパワーストーンが大好きな人間には垂涎の的のパワーストーン、ザイクス・シリウスではなぜか全くと言っていいほど扱っておりません

それだけでもパワーストーンに興味がある方は「それが何を意味するのか?」を理解していただけたら幸いです。
posted by ヒカリタマ・カイ at 10:52| ネタ・戯言

2013年05月17日

あなたはもうひとりの宇宙皇帝w

なぜロカンとザイクスが自分達の願望である政権奪取と世界帝國の樹立ができないのか、現実的な話ではなくスピリチュアル的な観点で見てみたらどうなるでしょうか?
その際、一番参考になるのはこの本ではないかと思っています。



この中で多分大切なのは「予言が当たったか当たらないか」という部分ではなくて「この本に書かれている思想」の部分だと思うんですが。

マヤの考えには「インケラチ=あなたはもうひとりのわたし」という考え方があるそうです。
これをザインの宇宙皇帝w小島露観さんに当てはめてみましょう。

「ロカンさんに関わる人は、もうひとりの宇宙皇帝」です。
もちろんロカンさんの部下も宇宙皇帝なわけですが・・・ロカンさんが敵だと思っている有名人も、アンチザイクスなみなさんも宇宙皇帝ですw
ほぼロカンさんと同じような全知全能の力を持ってるわけですよ。

いかに宇宙皇帝ロカン様といえども、同じ宇宙皇帝をこんなに敵に回したら・・・政権奪取どころか、何もできないでしょうw
さらにロカンさんは「自分だけが宇宙皇帝だ」というわけで、口では良いことを言ってますが部下の自由意志を制限することをやっています。
ロカンさんの味方であるはずの「宇宙皇帝」もこんなんじゃ100%の力を出せるわけがないんですよ。
普通にじり貧になるのは当たり前です。おまけに世間の宇宙皇帝様を呪いまくってるんだから、同じ宇宙皇帝である自分の力も封じ込まれまくるしww

もうひとつ言うと、本当に宇宙皇帝ならば・・・あえて「自分は宇宙皇帝だ」と言う必要もありません。
「相手も宇宙皇帝だ」とわかっているから、必然的に相手に対する敬意が生まれますし、自分に対して「自分が宇宙皇帝だ!!」と言うのって・・・傍から見たら結構お間抜けな構図ですよね?
自分とか鏡に対して「自分は宇宙皇帝だ!!」と言ったら・・・返事は「知ってる」か「自分は宇宙皇帝だ!!」というおうむ返しにしかなりません。
それをあえて「自分は宇宙皇帝だ!!」と言ってること自体「自分を宇宙皇帝だと信じたい」という気持ちの裏返しに見なされるんですよね・・・。

ザイクスから抜けて、アンチザイクスになった人が生き生きとしているのは、限定していた自分の力を認めたからなのかもしれませんね・・・。
その中には、神様から与えられた力も含まれているはずですから。
posted by ヒカリタマ・カイ at 09:31| ザイクス・シリウスについて