2013年02月20日

スタープログラムのパンフを読もう その4

さて、今回がこのシリーズラストです。元気にいきましょう!

奪われた幸運を奪回する特別聖品「スター・プログラム」登場!
時代精神の星=北極星のエネルギーをチャージ
価格は¥105,000で会員割引なし
形状 シルバーの時計型のペンダント
、だそうです。

・・・まさかとは思いますが、(株)シリウスのみなさんは北極星は不変のものだと思っているでしょうか?
北極星も、超長期的には位置をずらします。
今は確か小熊座だったと思いますが、いずれは大熊座や琴座あたりまで、極北の星は移動するわけです。
「時代精神の星でチャージ」・・・って、時代精神を全く反映していない会社が言うな!と笑ってしまいます^^;

効果1 運命パイプの外殻を強化・保護!

運命パイプ(軸線)は、四層構造になっており、内側から真空軸・中軸・太軸・外軸となっている。特別聖品「スター・プログラム」には、このうち最も外側にある外軸を強化し、強欲人種たちが軸線から新たにエネルギーを盗めないようする力がある。


・・・外「殻」?外「側」じゃなくて?
ちなみにエネルギーはみんなに降り注いでいるので、軸線を強化しても「盗めなくなる」ということにはなりません。
エネルギー盗難を予防するならオーラの強化の方が効果的・・・というか、エナジーバンパイアにエネルギーがエネルギーを盗んでいく・・・というだけではなくて、「その人も、エナジーバンパイアにエネルギーを盗んでいくように仕向けている」という側面はあります。
そこを何とかしない限り、パイプを強化しても意味ないんだよね〜。

効果2 盗まれた運命エネルギーを奪回する!

「スター・プログラム」を持つことで、過去奪われてしまった運命エネルギー(幸運、能力など)を、時間を越えて取り戻すことが可能だ。夢を取り戻し、希望を胸に生きよう!


・・・ないないない^^;
「幸運や能力を得ない方が良い」とその人が判断したから、エナジーバンパイア(強欲人種)はエネルギーを初めて奪えるんですよ。
それを取り戻しても、それはもはや過去の遺物でしかないし。

効果3 サハスララ・チャクラを浄化!

サハスララ・チャクラとは、人の頭頂部にある目に見えない霊的器官。運命パイプは天の星々とサハスララ・チャクラをつなぎ、サハスララに向かってエネルギーを送り込む。サハスララ・チャクラに濁りがあるとエネルギーを受け取れないから、「スター・プログラム」はサハスララを浄化してくれる。


「チャクラ」はエネルギーセンターと捉えるとわかりやすいかと思います。
確かにチャクラに濁りがあるとエネルギーを受け取ることは難しくなってきますが、その「濁り」とは何かというと、簡単にいうと「ネガティブな感情エネルギー」です。

具体的にはサハスララ・チャクラ関係の歪みはこういう系統が多いんですが「自分は他の人間より霊的に進んでいる存在だ」とか「他の人間より心がきれいだ」とか・・・。
簡単に言うと「霊的傲慢」なんですよ。
果たして、地味に霊的傲慢を助長させる効果があるものに、チャクラの濁りがとれるものなのか?と思います。
さすがに霊的に傲慢になってる人に、ハイアーセルフ(その人の中にいる神様)は宇宙のエネルギーを下ろしたりはしないでしょう。それは神を否定する行為につながるわけですから。
なお、他のチャクラの濁り(歪み)はまた別の出方をします。

効果4 手持ちの聖品を強化する魔導具となる

「スター・プログラム」を使ってある秘術を行うことで、手持ちの聖品に星のエネルギーを連結し、全く別の聖品として生まれ変わらせることができる。


・・・大丈夫、半年もしたらそんな効果は忘れ去られますね。今までの経験から^^


核石を捨てて、改めていろんなことを勉強してから思ったことは「核石などで人生を切り開くという行為は相当傲慢な行為だったんだな」ということでした。
ザイクス・シリウスは「お金で動く現代を崩壊させる」と言っていますが、核石で願いを叶えるということは、もろ「お金で願いを叶える」ということになります。
そこには努力とか経験から何かを学ぶという姿勢はほぼ無くなる訳でして。
人生を生きる姿勢として、それが良いわけはありません。

本当の魔法の杖があるとしたら、きっと持ち主に前に進む気力を与えることなんでしょうね・・・。
posted by ヒカリタマ・カイ at 10:20| 核石・悪魔聖品